2022年07月01日

d88984-10-04a6750c77f29f25acd7-0㈱光陽社(本社・東京都文京区、犬養岬太社長)では脱炭素社会構築を目指した取り組みとして、同社飯能プリンティングセンターBASEで太陽光発電装置を設置するなど、生産活動で発生するCO2の削減に努めている。

今年4月からは供給電力を非化石証書付きの再エネ電力に切り替えるとともに、各事業所の電力は国の制度であるJ-クレジットで再エネオフセットすることで、全事業所で再エネ100%を達成した。

そして7月1日からは、昨年9月にカーボンオフセット済の飯能プリンティングセンターBASEを除いた、全事業所のサプライチェーン排出量Scope1にあたるCO2排出量59㌧を、すべてJ-クレジットでカーボンオフセットした。

これにともない、当社工場・全事業所で印刷する製品は、すべてカーボンゼロプリントとして提供可能となった。

 

Scope1、2のCO2排出量を実質ゼロにした同社工場および全事業所で印刷した印刷物には、カーボンゼロプリントマークを表示することができる。

d88984-10-85a5754dce38513db700-4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

企業-関連の記事

PAGE TOP