2022年07月01日

兼松㈱(本社・東京都港区、宮部佳也社長)では7月から、㈱TBM(本社・東京都千代田区、山﨑敦義社長)が開発・製造する石灰石を主原料とする「LIMEX Sheet」を利用した環境配慮型ラベル「LIMEX Aqua Jet Label」を販売する。

 

「LIMEX Aqua Jet Label」は、「LIMEX Sheet」を使用して開発された水性インクジェット対応ラベル。

水性インクジェット印刷に適した加工が施されており、印刷加工の幅を広げることができる。

光沢/マット加工品2種類の販売を7月から開始。

水性インクジェット印刷分野にも「LIMEX」を使用した環境配慮型材料の提供が可能になった。

 

「LIMEX Sheet」は、ラベル用途として一般的に用いられるPP(ポリプロピレン)やPET(ポリエチレンテフタレート)シートなどの合成紙と比較し、CO2を含む温室効果ガスと石油由来プラスチック使用量を削減することができる。

また、紙製ラベルと比較し、製品の原料に木材パルプを一切使用せず、製造時に必要とされる水使用量を大幅に削減できるので、森林と水資源の保全に貢献できる。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP