2022年06月29日

凸版印刷㈱(本社・東京都文京区、麿秀晴社長)は、スマートフォンのライトのような強い光を当てると奥行きのある立体的な画像が現れる新たなホログラム「イルミグラム」を開発し、6月29日から提供を開始する。

この 「イルミグラム」を活用することで、誰でも簡易かつ明確な真贋判定が可能になる。

 

近年、偽造/模倣品をはじめとする知的財産侵害物品の流通は世界的に拡大を続けており、令和4年には全世界で4兆6800億ドル(約515兆円)に達する可能性があると言われている。

偽造/模倣品が流通することで、真正品の売上減少や劣悪な品質に起因するブランド価値低下を招く恐れが生じる。

そのような中、偽造が難しいホログラムは本物の目印として多くの製品に活用されている。

「イルミグラム」に光を当てる前(左)と光を当てている様子(右)

「イルミグラム」に光を当てる前(左)と光を当てている様子(右)

しかし、ホログラムを活用した目視での真贋判定を行う場合、判別者によって判定基準が曖昧になってしまう場合があるため、ホログラムの見方を購入者に周知する必要があった。

また、専用のフィルターやアプリを利用する真贋判定方法もあるが、事前準備が必要な点から運用に課題があった。

 

このような中で同社は、強い光(点光源)を当てると画像が現れるという、明確な真贋判定を可能にするホログラム「イルミグラム」を開発。

偽造品の流通を防ぎたい医薬品/化粧品/高級ブランド品/機械・部品/ライセンスグッズ/金券などの用途に向けて提供を開始する。

 

イルミグラムの特徴は次のとおり。

▽スマートフォンだけで真贋判定が可能

蛍光灯など通常の可視光下では画像がぼやけているが、特許取得の新たな技術により、点光源が当たった時のみ立体的な画像を確認できる効果を実現。スマートフォンのライトでも画像を浮かび上がらせることができるため、誰でも簡単かつ明確に真贋判定を行うことができる。

▽光の角度によって像を動かすことが可能

現れた立体的な画像は、光源を動かすとその動きを追従する形で動く。これにより、より直感的に真贋判定が可能になる。

▽ほかのホログラムやほかの真贋判定サービスとの組み合わせが可能

通常の金属光沢をもった画像と「イルミグラム」を組み合わせたホログラム

通常の金属光沢をもった画像と「イルミグラム」を組み合わせたホログラム

「イルミグラム」は、文字や画像がはっきり視認できる一般的なホログラムと組み合わせることが可能。これにより、高いデザイン性と真贋判定の容易さを両立したホログラムを提供することができる。

また、同社がこれまで培ってきた、パステル調の構造色を発色するホログラム「Secure Color」や90度回転させるとネガポジ反転する「S-White」など、既存のホログラム製造技術とも組み合わせることができ、より高い意匠性と複数の確認方法を併用することが可能。さらに、スマートフォンを用いてIDを読み取り、正規品かを確認できるサービス「ID-NEX」と連携することもできる。これらの組み合わせにより、 高い偽造防止性能を製品に付与することが可能となる。

▽周囲の光量の影響を受けずに画像確認が可能

利用者自身が当てる光源で真贋判定をするため、薄暗い環境などでも安定して真贋判定が可能。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP