2022年06月14日

トーヨーカラー㈱(本社・東京都中央区、岡市秀樹社長)は7月1日出荷分から、加工顔料製品について価格改定することを決めた。

 

同社では2021年にも価格改定を実施しているが、それ以降も主原料である顔料をはじめとした化学品の価格は原油・ナフサ価格上昇や供給逼迫により高騰を続けている。

また、物流費・光熱費・副資材の価格についても上昇を続け、収束がみられない状況となっている。

このような状況の下で、かかるコストの高騰は自助努力で吸収できる範囲を大幅に超えているとの判断にいたり、価格改定の実施を決めた。

 

対象製品は加工顔料(水系分散体、溶剤系分散体、固形チップ)で、価格改定幅は個別設定となる。

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP