2022年06月06日

㈱山櫻(本社・東京都中央区、市瀬豊和社長)は、廃棄対象のおからで作った「おからペーパー」の開発に協力した。

同社では、おからペーパーが食品ロス問題の解決に向けたPRの一助となることを目的としており、本来の食用としておからが活用されることで、最終的には「おからペーパー」の生産(=廃棄対象となるおから)がゼロになることを目指している。

 

「おからペーパー」は、おから料理研究家の高橋典子氏、㈱SL CreationsSmile Circle㈱の3社の思いの基に開発され、おからの廃棄の削減を目指して、新しいおからの食べ方・使い方を提案・普及する活動をしている。

店頭に陳列される、おからペーパーを使った食品パッケージ

店頭に陳列される、おからペーパーを使った食品パッケージ

現在、おからの年間生成量は約58万㌧あり、その用途は、▽飼料37万7000㌧、▽肥料14万5000㌧、▽食用1200~6000㌧、▽廃棄3~5万㌧--となっている(出典:NIPPONおからプロジェクト)。

廃棄量が食用の量を大きく上回っており、この現状はSDGsの浸透でより解決が求められているフードロスの観点からも、解決していかなければならない問題でもある。

そこで同社では、高橋氏からおからを原料にした紙づくりの相談を受け、「おからペーパー」を作ることとなった。

 

「おからペーパー」は、廃棄予定のおからを粉末状にし、第三者認証によって人と環境に過剰な負担をかけていないことを保証され、森林認証のリサイクル紙と混ぜて作られる。

粉末状のおからによる独特の風合いが特徴で、開発当初からSL Creationsによるおやつの新ブランド「Any O‘clock」のパッケージ用を想定していることから、厚手の紙となっている。

 

今後はパッケージのほかに、しっかりとした厚さの名刺、発送用パッケージ、カード、うちわ、ノートの表紙など、紙の表情と厚みを活かせる分野で活用の幅を広げていくことを予定している。

 

 

 

 

 

技術・製品 話題-関連の記事

PAGE TOP