2022年05月24日

独・ハイデルベルグ社は、プリネクトワークフローを刷新し、ワークフローのすべての機能をクラウドベースアプリの形で提供する「Prinect Direct」を発表した。

 

新しいハイデルベルグプラスカスタマーポータルは、最先端のクラウド技術を駆使して、統合された印刷会社経営を可能にしていく

新しいハイデルベルグプラスカスタマーポータルは、最先端のクラウド技術を駆使して、統合された印刷会社経営を可能にしていく

プリネクトアプリの全機能は時間をかけながら順を追って段階的に導入されていく予定となっており、最終的な目標としては完全にデジタル化および自動化された印刷会社・スマートファクトリーを実現することにある。

新しい「Prinect Direct」ワークフローは将来的に、現在の印刷会社でみられるようなビジネスプロセスと生産プロセスが分離した状態を解消し、単一のワークフローで対応する機能を提供する。

これにより、印刷会社の収益性を向上させるとともに、自動化についても最大限に活用することができることになる。

またユーザーは、昨年発表された「ハイデルベルグプラスカスタマーポータル」を介してプリネクトアプリにアクセスすることができ、ソフトウェアの更新は稼働を妨げることなくオンラインで行われる。

 

同社でソフトウェアソリューションの責任者を務めるクリストファー・ベルティ氏は「我々は新しいクラウドベースの“Prinect Direct”によって、スマートプリントショップのコンセプトに沿った印刷会社の自動運転印刷に向けた大きな一歩を踏み出した。新しいプリネクトアプリは、ジョブの作成から印刷物の納品まで、印刷会社の生産プロセス全体にわたって、手動で行っていた工程や作業をほぼ排除することができる」と述べている。

 

 

 

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP