2022年05月18日

セイコーエプソン㈱(本社・長野県諏訪市、小川恭範社長)は5月18日から、同社の歴史や過去からの製品を知ることができる「エプソンミュージアム諏訪」を本社事業所に、創業80周年を機に開設した。

また、1945年10月に竣工した当時の社屋である歴史的建造物も「創業記念館」として改修し、一般公開(事前予約制)する。

 

エプソンミュージアム諏訪 創業記念館

エプソンミュージアム諏訪 創業記念館

同社は1942年5月に、その前身である㈲大和工業の創立から始まり、今年で創業80周年を迎えた。

そこでこのたび、当時の史実・製品とそれにまつわるストーリーに触れてもらうことを目的に、現存する創業時代の建物を改修して、記念館としてオープンすることとなった。

記念館では、創業時から社屋が実際に使用されていた1970年代までの歴史を紹介する。

機械式時計の技術や技能から、世界初のクオーツウオッチ、エプソンブランドの由来となった小型デジタルプリンター「EP-101」など、同社が創業以来培ってきている「省・小・精の技術」とその背後にあるストーリーを紹介している。

 

また、従来からある「ものづくり歴史館」も改装を行い、「エプソンミュージアム諏訪」では記念館とものづくり歴史館の2つを公開することとなる。

あわせて、創業時からの理念やこれまでの歴史をひもといた「セイコーエプソン創業80周年スペシャルサイト」も開設している。

 

 

 

 

 

企業 話題-関連の記事

PAGE TOP