2022年05月13日

オープンのようす

オープンのようす

セイコーエプソン㈱(本社・長野県諏訪市、小川恭範社長)は5月12日、長野・塩尻の同社広丘事業所に「ソリューションセンターDTF」「ソリューションセンターLabel Press」「ソリューションセンターPaperLab」の3つのソリューションセンターを開設した。

同社ではテキスタイル印刷やラベル印刷などの商業・産業プリンティングを成長領域と位置付けているほか、長期ビジョン「Epson25Renewed」において環境への取り組みを進めている。

そしてこのたび、導入を検討する企業が実際にこれらのソリューションを体験できるよう、広丘事業所にある既存の「ソリューションセンターLFP」に加え、新たに3つのソリューションセンターを開設した。

 

ソリューションセンターDTF

ソリューションセンターDTF

「ソリューションセンターDTF」では、ファッション分野で活用されるさまざまなテキスタイル印刷の事例を通して、高い印刷品質を紹介する。

展示内容としては、▽インクジェットデジタル捺染機「Monna Lisa」のフラッグシップモデルである「ML-64000」と少量多品種生産に適したエントリーモデル「ML-8000」を展示、▽シルク、コットンなどの素材で印刷したさまざまなテキスタイルサンプル、▽色温度や照明の向きを変えることによって昼や夕方、陰影の違いによるテキスタイルの表情の変化を楽しめる空間、▽捺染産業の世界有数の集積地であるイタリアをテーマにした内装--となっている。

 

ソリューションセンターLabel Press

ソリューションセンターLabel Press

「ソリューションセンターLabel Press」では、ラベル印刷における自動化ワークフローが体験できるほか、印刷サンプルを通して高精細な印刷品質を紹介する。

展示内容としては、▽デジタルラベル印刷機「SurePressシリーズ」の水性インク搭載モデル「L4733AW」とUVインク搭載モデル「L-6534VW」を展示、▽前後加工機とのインラインソリューションの実演や自動化による省人化印刷プロセス、▽デジタルならではのバリアブル印刷によるサンプル、▽近未来の印刷工場をイメージした白く明るい空間で、従来のアナログラベル印刷のプロセスに対してデジタルだからこそ提供できるクリーンな印刷環境--を紹介する。

 

ソリューションセンターPaperLab

ソリューションセンターPaperLab

「ソリューションセンターPaper Lab」では、使用済みの紙から新たな紙を生産するプロセスを紹介する。

展示内容としては、▽水を使わない繊維化を特徴とする「ドライファイバーテクノロジー」を活用した乾式オフィス製紙機「PaperLab A-8000」を展示、▽実際に手にすることができる「PaperLab A-8000」で制作したサンプルや、再生紙やドライファイバーテクノロジーを用いたさまざまな応用事例、▽暗闇の中に浮かび上がるように配置された製品本体や床面へのプロジェクションマッピングによる演出--がされている。

 

 

 

 

企業 技術・製品-関連の記事

PAGE TOP