2015年07月08日

3dtikyu-gi大日本印刷㈱(DNP)とフランス国立図書館(Bibliothèque nationale de France 以下:BnF)は、BnFが保有する55個の貴重な地球儀・天球儀(地・天球儀)の3Dデジタル化および、その普及を共同で推進するための契約を7月7日に締結した。

 

DNPは、世界各地の文化遺産や美術作品のデジタル化を手掛けてきた優れた技術やノウハウと、DNPが独自に開発した地・天球儀のデジタル撮影ツールをBnFに提供する。美術工芸品であり、科学資料でもある地・天球儀をデジタル化することにより、その一つひとつをあらゆる角度にスムーズに回転させたり、拡大させることで肉眼では見えにくい細かい部分まで高解像度で鑑賞できるようになる。

 

フランスと日本の文化の架け橋である今回のプロジェクトにより、BnF は、2015年末までに、BnFが運営する電子図書館「Gallica」の新たな取り組みとして、3D化した地・天球儀を閲覧できるようにする予定。

 

また、2016年には、BnFとDNPのパートナーシップの成果をより進展させた、さまざまなイベントを実施する計画がたっている。一例として、東京のDNPの施設やパリのBnFにおいて、高精細3Dデジタル化した地・天球儀を活用し、これまでにない方法で鑑賞が楽しめる展覧会を開催する。また、「Gallica」やBnFのウェブサイトでも、オンライン展覧会として本プロジェクトを紹介するさまざまなコンテンツが公開される予定となっている。

タグ: > >

企業-関連の記事

PAGE TOP