2022年05月11日

㈱ミマキエンジニアリング(本社・長野県東御市、池田和明社長)は、欧州デジタルプレス協会(European Digital Press Association)主催のEDP Awardで、大判フラットベッドUV-LED方式インクジェットプリンター「JFX600-2513」、テキスタイル向け昇華転写インクジェットプリンター「TS100-1600」、UV硬化インクジェット方式小型フルカラー3Dプリンター「3DUJ-2207」の3製品が「EDP Award2021」を受賞した。

 

EDP Awardは、独立したコンサルタント、編集者、エンジニア、および関連の専門家で構成されたEDP技術委員会の選考により、デジタル印刷業界における革新的な製品に授与されるもの。

同社は、「フラットベッド/ハイブリッドプリンター(最大毎時100平方㍍)部門」、「Roll to Rollテキスタイルプリンター(最大毎時100平方㍍)部門」、「3Dアディティブプリンティング(フルカラー)部門」の3部門で「EDP Award2021」を受賞した。

 

JFX600-2513

JFX600-2513

「フラットベッド/ハイブリッドプリンター(最大毎時100平方㍍)部門」を受賞した「JFX600-2513」は、最高印刷速度毎時200平方㍍を実現したUV-LED方式のフラットベッドインクジェットプリンター。

搭載可能な色数は、基本の4色(CMYK)に加えLc、Lmを含む6色に対応し、多彩な表現力で高品質なサイングラフィックスの製作を可能にしている。

また、ホワイト、クリア、プライマーインクにも対応。デザイン性が高められるとともに、プライマーインクを利用することで絵柄の下にのみインクが密着するため対応メディアの幅が広がる。

 

TS100-1600

TS100-1600

「Roll to Rollテキスタイルプリンター(最大毎時100平方㍍)部門」を受賞した「TS100-1600」は、操作性能・画質・速度・コストをバランス良く兼ね備え、最大毎時70平方㍍の印刷速度を実現した昇華転写インクジェットプリンターのエントリーモデル。

サンプルから大ロット生産までを1台で対応でき、ポリエステル素材に染色可能で屋内外に掲示するのぼり、バナーフラッグから、Tシャツ、ハンカチにいたるまで多彩な用途で利用できる。

また、ドット位置補正や送り量補正を自動化する機能の搭載や、エコパスポート認証インクで利用できることから、オペレーターの作業環境にも配慮した製品となる。

 

3DUJ-2207

3DUJ-2207

「3Dアディティブプリンティング(フルカラー)部門」を受賞した「3DUJ-2207」は、UV硬化型インクジェット方式で1000万色以上のフルカラー造形を実現する小型3Dプリンターのエントリーモデル。

1000万色以上のフルカラー表現に加え、クリアインクを用いた透明表現や、クリアインクとカラーインクを組み合わせた半透明のカラー表現も可能。造形の工程で必要となるサポート材は、水溶性のため水に漬けるだけで除去することができる。

フィギュアやおもちゃのグッズデザインをはじめ、建築模型、家電製品などのプロダクトデザイン分野で活用できる。

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP