2022年04月28日

小森コーポレーション社は4月27日、2022年3月期の決算で、営業外収益(為替差益)の計上を行うとともに、2022年1月26日に公表した連結業績予想を修正したと発表した。

同社は2022年3月期、外国為替相場が円安に進んだことにより、営業外収益(為替差益)6億5600万円を計上する予定である。主に、同社グループで保有する外貨建資産および負債に対し発生したもの。

 

2022年3月期連結業績予想は、売上高の増加と、販売費が想定より抑えられたことにより営業利益が増加し た。

営業利益の増加に加え、為替レートが想定より円安で推移したことによる為替差益が発生し、経常利益が前回発表予想より88.9%増加する見込み。

また、経常利益の増加に加え税金費用の発生が予想より減少し たことにより、親会社株主に帰属する当期純利益は、前回発表予想から25億円程度増加する見通し。

 

 

 2022年3月期通期連結業績予想数値の修正(2021年4月1日~2022年3月31日)   (単位:百万円)
 

売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 1株当たり当期純利益
前回発表予想(A) 86,000 1,500 1,800 3,900 69円77銭
今回修正予想(B) 87,600 2,300 3,400 6,400 117円37銭
増減額(B-A) 1,600 800 1,600 2,500
増減率(%) 1.9 53.3 88.9 64.1
(参考)前期実績 (2021年3月期) 71,825 △ 2,332 △ 1,149 △ 2,068 △36円99銭

 

 

 

企業-関連の記事

PAGE TOP