2022年04月19日

ダイヤミック㈱(本社・東京都墨田区、谷本泰彦社長)は、三菱製紙㈱製アルミCTP刷版材料の標準小売価格を6月1日出荷分から、また三菱製紙製フレキシブルCTP刷版材料および感熱製版フィルムの標準小売価格を7月1日出荷分から、それぞれ改定することを決めた。

 

三菱製紙では印刷製版材料の安定供給のために生産効率化や経費削減などのコスト吸収に努めてきたものの、近年の社会情勢の変化や原材料の高騰による生産諸費用・物流費の著しい上昇が続いていることから、価格維持について企業努力のみでは対応できない状況と判断し、今回の価格改定の実施を決めた。

 

価格改定幅は次のとおり。

【6月1日出荷分から改定】

▽TGP-E、TGP-EU、TGP-S(アルミ)=改定率20%

▽VDP-μ(アルミ)=改定率20%

▽SDPαVL(アルミ)=改定率20%

【7月1日出荷分から改定】

▽SDP-PR175、FRS175(紙・フィルム)=改定率10%

▽FP-S175(フィルム)=改定率10%

▽TDP-IFS125,IFL100(フィルム)=改定率10%

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP