2022年04月14日

㈱平和堂(本社・東京都中央区、堀口達夫社長)は4月15日から、名刺単面フルカラーページプリンター「CardImpact Cube」にコピー名刺機能を追加した「CardImpact CubeEX」を販売する。

この「CardImpact CubeEX」を使うことで、文字やデータの入力作業が不要で、手元にある1枚の名刺原本から必要な枚数分(カラー・モノクロ双方可)を1200dpiの高品質で、すぐにその場で印刷・作成することができる。

 

CardImpact CubeEX

CardImpact CubeEX

CardImpact Cube」は、沖電気工業㈱製の高速カラーLEDプリンター「COREFIDO C650dnw」を活用し、同社が開発した名刺専用アタッチメントをプリンターにセットするだけで、名刺単面用紙への高品質なフルカラー印刷が実現できるもの。

今回発売を開始する「CardImpact CubeEX」は、この「CardImpact Cube」とスキャナー「CanoScan LIDE400」および名刺データ補正ソフトをセットとした構成となる。

 

具体的な流れとしては、手元にある名刺をスキャナーで読み取り、その画像を修正・補正(フチをきれいにする、明るさ、黒文字強調、シャープ、画像斜行調整、倍率、1面/10面出力指示など)をして、名刺が出力・作成される。

 

このような手軽さから、外出先や緊急に名刺が必要となった際に対応する、店頭サービス用途としての活用が期待される。

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP