2022年04月11日

トーヨーカラー㈱(本社・東京都中央区、岡市秀樹社長)は5月1日出荷分から、インクジェットインキ製品について価格改定することを決めた。

 

今回の価格改定の背景には、昨今、中国の継続的な環境・安全規制強化およびエネルギー規制強化により化学品の供給量が減少し、世界的に需給バランスが大きく崩れていることや、国際物流の混乱により、インクジェットインキの主原料である顔料、樹脂、溶剤、モノマー、ポリマー、開始剤、添加剤の価格が高騰を続けていることが挙げられる。

また、物流費・光熱費・副資材の価格についても上昇が続き、収束がみられない状況となっていることも一因となっている。

 

価格改定の対象製品はインクジェットインキとインクジェットインキ関連製品(洗浄液、アンカーコート剤など)で、価格改定幅は200~400円/㌔㌘となる。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP