2022年04月04日

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(辻重紀社長)は2022年4月1日、国内市場におけるオフセット印刷用刷版材料などの印刷関連材料製品の出荷価格を6月1日納品分から改定すると発表した。

 
同社は、刷版材料などの印刷関連製品を市場に安定的に供給していくために、これまで生産効率の向上や経費削減など、徹底してコスト吸収に努めてきた。しかしながら、昨今のアルミ地金や圧延工賃、銀価格の高騰、物流費上昇などのコストアップは、企業努力だけで吸収することは困難な状況にあるとして出荷価格を改定する。

 
1.対象製品、改定内容(値上げ率)
PSプレート:現行出荷価格から20%アップ
CTPプレート:現行出荷価格から20%アップ
製版フイルム:現行出荷価格から15%アップ
2.実施時期
2022年6月1日から

 

 

 

 

 

 

企業-関連の記事

PAGE TOP