2022年03月08日

㈱ミヤコシ(本社・千葉県習志野市、宮腰亨社長)は3月8日、秋田・横手の㈱宮腰デジタルシステムズで、スタック式水性フレキソ印刷機「MFX57S」の見学会を開催した。

MFX57S

MFX57S

それに先駆けて3月7日に報道陣向けの見学会を開催し、そのパフォーマンスを紹介するとともに、新たにCI型(共通圧胴方式)の広幅水性フレキソ印刷機「MCI1000-W」の開発に着手していることも明らかにした。

 

同社では「印刷全方位カンパニー」を目指し、従来からの主力分野であったフォーム印刷・データプリントに加え、シール・ラベル印刷市場、そして軟包装・パッケージ印刷市場という3つの分野へ向けて、アナログ・オフセット印刷とデジタル印刷の両面で、新規開発と市場提案を積極的に展開している。

フレキソ印刷機の開発については、フレキソ印刷関連の資機材や技術が進化するとともに、環境問題が国内外で注目されるなど、フレキソ印刷を取り巻く市場環境が変化している状況を捉えてのもの。

同社が持つ技術をフレキソ印刷と融合させることで、パッケージ印刷における付加価値を高めるべく、フレキソ印刷機の開発・販売に取り組んでいる。

 

版胴やアニロックスローラーは軽量なスリーブ式なので交換作業が容易に

版胴やアニロックスローラーは軽量なスリーブ式なので交換作業が容易に

今回の見学会で披露したスタック式水性フレキソ印刷機「MFX57S」は、パッケージ印刷市場に向けの製品で、2019年に上市した広幅水性フレキソ印刷機「MFXシリーズ」を進化させたバージョンとなる。

紙パッケージ向けスタック式水性フレキソ印刷機「MFX57S」は、最高速度毎分300㍍、最大用紙幅1500㍉で、色数は1タワーあたり4色(2タワー構成の8色が最大)が可能。

原反厚は21㌘/平方㍍~280㌘/平方㍍で、紙だけでなく樹脂フィルムにも対応する。

ロールtoロールだけでなく、インラインでの各種後加工装置にも対応し、オーバーコート、シートカット、スタッキングをはじめ、顧客の付加価値創造をサポートするカスタム生産を採っている。

想定用途としては、段ボールのトップライナーへの印刷のほか、最近増加傾向にあるスナック菓子の紙製の外装袋、乳製品・飲料・アイスクリームの紙パック、紙カップなどとなる。

 

この「MFX57S」では、▽段取り時間の大幅な短縮、▽印刷スピードのアップ、▽1人でもオペレーションできる省人化--という3つの角度からの生産性アップを提案している。

「MFX57S」のあるユーザーでは、既設機と比較(1万6000㍍のジョブを1日3回・月間20日間稼働という条件)すると、1ヶ月に72時間の時間短縮が図れ、既設機では70ジョブしかできないところを「MFX57S」では134ジョブもできる計算になっている。

 

今回の見学会でのデモンストレーションでは、給紙から3色印刷、オーバーコート、巻き取りという構成のモデルで、紙製の菓子用外装袋(背貼り袋)を印刷した。

 

CI型の広幅水性フレキソ印刷機の開発計画を発表

国産機ならではの、要求品質が高い日本市場に適したモデルに

 

またこの見学会の席上、CI型水性フレキソ印刷機「MCI1000-W」の開発を始めたことが発表された。

 

「MCI1000-W」は、操作性にすぐれたミッドサイズのCI型水性フレキソ印刷機で、市場での課題に対応する機能の搭載・カスタマイズも積極的に受け入れていく。

ターゲットとなる主要アプリケーションとしては、食品・ペットフードなどの紙製の外装袋、飲料の紙パック、高精度な見当合わせが求められるプラスチック軟包装パッケージ、飲料ボトルのシュリンクラベルや胴巻きラベルなどが想定されている。

 

宮腰社長

宮腰社長

会の中であいさつに立った同社の宮腰社長は「当社では軟包装パッケージ印刷市場向けにオフセット印刷機、デジタル印刷機、そしてスタック式の水性フレキソ印刷機をリリースし、この市場向けのソリューションをだんだんと増やしてきた。そして今後、時代の要求から水性フレキソ印刷機への関心や注目度はますます上がるものと考えている。それを踏まえて当社では、CI型の水性フレキソ印刷機の開発をしていくことを決めた。当社は後発メーカーとなるので、印刷の品質、見当の安定性といった点でアドバンテージを持たせるものを開発し、世界でもっとも品質要求レベルが高いと言われる日本の印刷会社のみなさまからも認めて頂けるものとするので、ぜひ期待してもらいたい」と述べた。

 

「MCI1000-W」の基本仕様は、印刷幅850㍉、天地サイズ400~720㍉、印刷速度毎分200㍍、色数は8色+スタックユニットオプションとなる予定。

1年後の上市に向けて開発が進められている。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP