2022年01月28日

塚田司郎

塚田司郎会長

page展は、今回で35回目の開催となります。前回のpage2021はオンラインでの開催に急遽変更しましたので、リアル展示会としては2年ぶりの開催となりますが、これもひとえに皆様方のご支援の賜物と厚くお礼申し上げます。

新型コロナウイルスの収束はまだ見えず、2021年における緊急事態宣言の発令とそれに伴う行動制限の期間は、2020年よりも長くなって社会や経済はその影響を受けました。
しかし、2022年が始まり、新年のあいさつは「大変ですね」から「今年こそ頑張りましょう」に変わってきました。
市場の変化に向けて準備し、さらに飛躍するきっかけとなるのが、このpage2022であると考えています。
page2022は、page2021オンラインに続いて「リセット・ザ・フューチャー」を統一テーマとして、新型コロナウイルス感染症対策を十分に施したうえで開催します。
展示会場3ホールには計125社が出展し、ニューノーマルの時代にふさわしい、最新のデジタル機の展示はもちろん、さまざまな印刷ビジネス関連のソリューションが紹介されます。
また、展示会場隣のカンファレンスルームで例年開催していたカンファレンスやセミナーは、「オンラインカンファレンス・セミナー」として2月7日から10日までの4日間に、合計10本のコンテンツをライブ配信します。
afterコロナの社会を見据え、「印刷」の役割の見直しが必要となっています。
従来の価値観を一度リセットすることをテーマに掲げたこのpage2022が、ご来場の皆様の発展につながることを心より祈念いたします。

 

 

 

タグ: >

イベント-関連の記事

PAGE TOP