2022年01月27日

EIZO㈱(本社・石川県白山市、実盛祥隆社長)は、HDR映像の制作に適した27型のカラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG2700X」「ColorEdge CG2700S」を、今春以降に発売する。

 

CG2700X_CG2700S

ColorEdge CG2700X/2700S

「ColorEdge CG2700X」は4K UHD(3840×2160)解像度、「ColorEdge CG2700S」はWQHD(2560×1440)解像度を持ち、印刷、デザイン、プロフォト、3DCG、映像のクリエイティブワークに適している。

現行機種からの進化ポイントとして、ノートPCとUSB Type-Cで接続することで、画面表示、USB信号の伝送のみならず、PCへの90W以上の給電、有線LAN接続を実現。

MacBook ProなどのハイエンドノートPCでの制作時もモニターをドッキングステーション代わりに利用でき、クリエイターの利便性を大幅に向上させている。

 

クリエイターに求められる正確な色表示を実現する各種性能は、現行機種を踏襲。

キャリブレーションセンサーを筐体に内蔵することで色管理を自動化。

広色域表示や滑らかな階調表現を実現し、画面の表示ムラ補正機能などを搭載している。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP