2022年01月20日

㈱フジテックス(本社・東京都新宿区、一森雄介社長)は1月20日から、銀イオンの力で抗菌・抗ウイルス加工した耐水紙「シナップス クリーン」の販売を開始した。

不特定多数の人が触れる飲食店のメニュー表や店舗のPOPをはじめとした、あらゆる印刷物や掲示物の衛生対策を行いながら、同時に従業員のアルコール消毒作業の軽減にもつながることが期待される。

 

この「シナップス クリーン」は、コロナ禍になってから不特定多数の人が触れる場所は定期的にアルコールで消毒をするようになっていることから、飲食店や店舗において来客者の安全・安心の確保と清掃の手間の削減を両立するものとして開発された。

「シナップス クリーン」は抗菌・抗ウイルス加工した、ISO認証を取得している耐水紙。

レーザープリンターやコピー機などでも手軽に印刷でき、印刷後も抗菌・抗ウイルス機能を保ち、アルコール消毒をしても剥がれることはない。

フルPET素材なので耐久性があり、きれいな状態で長く掲示できることでゴミを減らし、使用後もリサイクルできるので環境負荷軽減にも貢献する。

高い耐水性と強度がありラミネート加工が不要なので、メニュー表の作成にかかるラミネート作業の手間も削減できる。

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP