2022年01月20日

日本製図器工業㈱(本社・大阪府大阪市、福田正範社長)は、印刷業界向けデジタル加飾ソリューションのプロバイダーであるScodix社(本社・イスラエル)と、Scodixソリューションの日本における販売パートナー契約を締結した。

 

日本製図器工業の福田社長は、「Scodixを当社のソリューションポートフォリオに加えられることをとても嬉しく思う。デジタル加飾の最高峰であるScodixソリューションは、現在そして将来の当社顧客の成長のエンジンとなるからだ。当社は最先端技術製品の販売代理店としてよく知られており、そしてScodix社はその世界で群を抜いている」と述べている。

 

また、Scodix社でアジア・太平洋・日本担当社長を務めるZiki Kuly氏は、「当社のソリューションが日本製図器工業で採用されたことを光栄に思う。強力な提携関係を築き、ダイナミックな日本市場でさらなる成長を遂げることを期待している」と抱負を語っている。

さらに、Scodix Japanの杉山伸一ゼネラルマネージャーは、「両社で共同して、国内パッケージ市場を積極的に開拓していく。我々が連携することで、顧客企業、ブランドそしてエンドユーザーにとっての価値を高められると同時に、世界が強く求める持続可能な変化を提供できる」と付け加えた。

 

 

 

企業 技術・製品-関連の記事

PAGE TOP