2022年01月17日

リコージャパン㈱(本社・東京都港区、坂主智弘社長)は、印刷会社のビジネス拡大を支援するために課題解決型の提案活動を強化し、1月から「RICOH BUSINESS BOOSTER(リコービジネスブースター)」の国内展開を開始する。

 

リコービジネスブースターの概念図「RICOH BUSINESS BOOSTER」は、リコーグループで北米・欧州を中心に2014年から展開している印刷会社やビジネスパートナーとの共創活動の総称。

印刷会社のビジネス拡大に向けて、「仕事を創る」、「仕事を回す」、「仕事が見える」の3つの軸で課題解決に取り組むものとなる。

 

具体的には、印刷会社の課題ごとにリコーのプロダクションプリンターや各種ソフトウエア・サービスと、ビジネスパートナー各社の機器・ソフトウエア・サービスを組み合わせたソリューションを3つの軸で最適化して提供する。

また、既存の製品やサービスの組み合わせだけでは解決できないような課題に対しては、価値共創プロジェクトを立ち上げ、印刷会社やビジネスパートナーとともに新たなソリューション開発にも取り組む。

 

同社ではこれまでも、印刷会社、ビジネスパートナー、リコーグループによる課題解決活動を行ってきているが、このたび新たに価値共創プロジェクトを推進する専門組織を設立し、「RICOH BUSINESS BOOSTER」の活動を加速させていく。

また、先行する北米・欧州と積極的に連携することで、国内での共創活動をさらに強化していく。

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP