2022年01月14日

東京インキ㈱(本社・東京都北区、堀川聡社長)は2月1日出荷分から、グラビアインキ製品の価格改定をすると決定した。

 

同社では2021年6月にもグラビア関連製品の価格改定を実施したが、その後もグラビアインキ・コート剤の主要原料である顔料、樹脂、溶剤などの世界的な需給バランスの逼迫が継続。

加えて、輸送費、容器などのユーティリティコストも上昇し続けてきたことから、今後の安定供給・品質維持のためにグラビア関連製品の追加価格改定を実施することを決めた。

 

価格改定幅は次のとおり。

▽白インキ=60円/㌔㌘

▽ 色インキ=70~80円/㌔㌘

▽メジウム・ニス=60~70円/㌔㌘

▽添加剤=80円/㌔㌘

▽硬化剤=100円/㌔㌘

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP