2015年07月06日

大日本印刷(DNP)は、パンフレットやスマートフォンコンテンツと連動して、駅などの複雑な施設内で現在地から目的地までのルートを3次元の表現で分かりやすく案内するインバウンド(訪日外国人)対応のデジタルサイネージシステムを開発した。

 

近年、駅の複合施設化や商業施設の大型化などが進み、従来の紙の案内図では現在地から目的地までの行き方がわかりにくい場合があった。スマートフォンアプリを利用するナビゲーションサービスもあるが、特定の装置がないと利用者に現在地を伝えることができない、スマートフォンを使う生活者に特化して利便性を提供するものであるという課題もあった。

 

これらの課題を解決するためDNPは、駅や商業施設などの屋内に設置したデジタルサイネージで、誰もが利用でき、現在地から目的地までのルートを3次元の表現でわかりやすく案内するシステムを開発した。

 

DNPと東日本旅客鉄道(JR東日本)が共同で開発したシステムを、JR東日本が東京駅構内に4台設置し、2015年7月3日から8月31日まで有用性検証のための実証実験を行う。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP