2021年11月04日

ハイデルベルグ・ジャパン㈱(本社・東京都品川区、ヨルグ・バウアー社長)は、12月1日~3日の3日間にわたって同社東京カスタマーセンターで開催するオープンハウス「Push to Stop2021-ALWAYS A STEP AHEAD~今、必要なのはパラダイムシフト~」の参加申込受付を開始した。

 

【開催概要】

▽開催日程=12月1日 午前10時から12時 パッケージ印刷のためのソリューション、午後2時から4時 コマーシャル印刷のためのソリューション

12月2日 午前10時から12時 パッケージ印刷のためのソリューション、午後2時から4時 コマーシャル印刷のためのソリューション、午後5時から7時 ヴァイナハツマルクト(懇親会)

12月3日 午前10時から12時 パッケージ印刷のためのソリューション、午後はハイデル・フォーラム21全国合同地区大会が開催される。

▽申込先=Push to Stop2021特別サイト

▽会場=ハイデルベルグ・ジャパン 東京カスタマーセンター東京都品川区東品川3の31の8

HJP_OpenHouse_banner▽主な出展製品=プリネクトプロダクションマネージャー、サーマルCtPレコーダー「スープラセッター106」+オートパレットローダー、菊全寸のび判7色印刷機「スピードマスターCX104-7+L UV/IR、デジタル印刷機「バーサファイアEV」「バーサファイアEP」、ポーラー断裁システム、スタール紙折り機、印刷資材、ハイデルベルグアシスタントなど

 

※ 関連記事= ハイデルベルグ・ジャパン、12月1~3日にオープンハウスを開催 最新鋭機のスピードマスターCX104も披露

 

 

 

 

 

 

イベント 技術・製品-関連の記事

PAGE TOP