2021年10月12日

㈱ミヤコシ(本社・千葉県習志野市、宮腰亨社長)は10月11日、ブックブロック加工機「MVB10A」の発売を開始した。

これにともない10月12日、この「MVB10A」の特徴を詳細に紹介するオンライン発表会を開催した。

 

宮腰社長

宮腰社長

発表会の冒頭、あいさつに立った同社の宮腰社長は「当社では創業当初から、市場の変化を捉えながら個々のユーザーの使い方に合った仕様のオフセット印刷機を開発・製造してきた。1社1社のユーザーに満足してもらうため、それぞれのニーズに応えるべく切磋琢磨する中で、印刷機だけでなく加工機までに至る一連の技術を蓄積することができた。今回ご覧頂く機械は、その技術を駆使したものとなる。書籍印刷市場でも今後、デジタル印刷へのニーズがますます高まると予想されている。そのニーズに応えるべく、先頃発売をした両面フルカラーインクジェットプリンターの新製品“MJP20EXG”の生産性を損なうことなくインラインでも使うことができる、デジタル印刷用のブックブロック加工機の開発を進めた。段取り替えの高速化と自動化、そして“MJP20EXG”と同様にコンパクト設計という点をコンセプトにしている。“MJP20EXG”と“MVB10A”を連結させた生産ラインは、㈱ホリゾンが10月18~22日に開催する内覧会“Horizon Smart Factory2021”にも出展するので、その際にも実機の操作性や機械のコンパクトさを実感してもらいたい」と述べた。

 

「MVB10A」は、バリアブル平綴じ機「MVB」を進化させ、バリアブルブックブロック加工機として仕上げたもの。

印刷されたロールをフィーダーにセットして給紙する単独オフラインでの使用はもとより、高速インクジェットプリンターとインライン接続することによってオンデマンド・デジタル書籍印刷の生産工程を強力にサポートすることもできるモデルとなっている。

 

オンデマンド印刷に対応した高精度なバリアブルブックブロック加工機となっており、印刷されたロール状の用紙を所定の大きさに折り加工を行った後、カット、区分けを行い、冊子(ブックブロック)状に集積して、無線綴じ製本工程へと排出する。

プリセット機能を実装したことで次ジョブへの移行がスムーズに進行し、セット替えの自動化が図られていることでセット替え時間が従来比の1/4という大幅な短縮化も実現している。

また、同社製インクジェットプリンターとのインライン構成によってその能力がフルに発揮されるだけでなく、オフライン構成や他社製プリンターとの接続も対応可能となっている。

 

ユニット構成は、プラウ折+加工部+スタッカー部となり、最大用紙幅は520.7㍉、最高処理速度は毎分160㍍(毎時600~800スタック)。

用紙斤量範囲は60~150㌘/平方㍍で、プラウ折設置数は2ヶ所、折サイズはA4・A5・A6・B5・B6、カットサイズは152.4~320㍉、集積高は最大51㍉となる。

 

ブックブロック加工機「MVB10A」

ブックブロック加工機「MVB10A」

実機デモでは、今年8月に発売を開始した、軽量・コンパクトでありながら高品質・高生産性も追求した両面フルカラーインクジェットプリンターの新製品「MJP20EXG」とインライン接続して、印刷からブックブロック加工までをワンパスで処理する流れを披露した。

 

また「MJP20EXG」と「MVB10A」のラインは、ホリゾンびわこ工場で10月18日から22日まで開催されるHorizon Smart Factory2021でも出展・実演する。

そこでは、「MJP20EXG」と「MVB10A」をインライン接続して作ったブックブロックをホリゾン製の製本機・三方断裁機で仕上げるという、エンドtoエンドな一貫生産の流れを披露する。

 

 

 

 

 

イベント 技術・製品-関連の記事

PAGE TOP