2015年07月02日

ブックフェアで公開された「PONTANA」

ブックフェアで公開された「PONTANA」

大日本印刷(DNP)とミライトは、公衆Wi-Fi機能付きデジタル情報スタンド「PONTANA(ぽん棚)」上で、電子書籍を気軽に閲覧・購入ができる書店「honto.jp(ホントドットジェーピー)」のサービスを2015年内に始める。20年度までに全国5万カ所への「PONTANA(ぽん棚)」の設置を目指す。将来的には、DNPが電子書店やリアル書店で培ったノウハウを活用し、Wi-Fiの設置場所や利用者の特性に応じた電子書籍の品揃え、陳列方法を提案して、Wi-Fiエリアごとに最適な本を提供する。7月4日まで東京ビッグサイトで開かれている「第22回東京国際ブックフェア」のDNPブースに出展している。

 

2020年に向けて、自治体や観光地を中心に公衆Wi-Fiサービスの普及が見込まれている。ミライトは、公衆Wi-Fi導入による集客効果に加えて、その場所に訪れた人に直接情報配信が行えるツールとして新たな付加価値を提供する公衆Wi-Fi機能付きデジタル情報スタンド「PONTANA(ぽん棚)」を開発し、今夏から販売を始める予定である。
DNPは“読みたい本を、読みたいときに、読みたい形で”提供する「hontoサービス」の一環として、電子書籍と紙の本を購入できる「honto.jp」サイト(http://honto.jp/)を運営している。
両社の強みを活かし、デジタル情報スタンドを利用した電子書店サービスを提供するもの。

 

デジタル情報スタンド「PONTANA(ぽん棚)」と連携した「honto.jp」のサービスの提供により、雑誌や小説など魅力的なコンテンツを安定的に提供できるようになりWi-Fiサービスの付加価値が向上するほか、電子書籍をはじめとするデジタルコンテンツの利用率向上が見込める。また、生活者が気軽に電子書籍を体験する機会を提供することができる。

 

Wi-Fiエリア内に設置されたタッチ式大型デジタルサイネージに、「書店の本棚」のように電子書籍の表紙が陳列表示される。生活者が電子書籍の表紙画像にタッチすると、専用のビューワアプリをインストールしたスマートフォンやタブレット端末に、選択した電子書籍のデータがダウンロードされ、電子書籍の一部を立ち読みすることができる。立ち読みした電子書籍は、「honto.jp」から購入することもできる。この仕組みにより、一般の書店と同じように、誰でも気軽に「本棚から本を取るように」リアルな空間で、電子書籍の立ち読みや購入ができるようになる。Wi-Fi設置オーナーに対しては、電子書籍売上のアフィリエイトなど新たな収益源化を実現していく。

 

honto.jp http://honto.jp/

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP