2021年08月27日

キンコーズ・ジャパン㈱(本社・東京都港区、渡辺浩基社長)は、会員企業から不用コピー用紙を回収して名刺や封筒などオフィス用品にリサイクルして還元するサービス「PELP!(ペルプ)」の会員となり、9月から自社で利用するとともに、顧客向けの循環型プリントサービスについても年内を目途に開始することを予定している。

 

「PELP!」は、山陽製紙㈱(本社・大阪府泉南市、原田六次郎社長)が提供している、会員企業から不用コピー用紙を回収し、名刺や封筒といったオフィス用品にリサイクルして還元するサービス。

オフィス古紙の再生率の低さが課題になっていたことから平成24年にスタートした取り組みで、小ロットでの古紙再生技術を用いることで中小企業でも参加しやすい仕組みを実現している。

また、どの企業で分別された紙か、それがどんな紙製品に生まれ変わったかなど、あらゆる再生状況の追跡といったトレーサビリティも可能となっている。

 

OMqFRuqmkTuS1cJJmN1A同社は、プリントオンデマンドによる必要な分を必要な数のみ提供する小ロットプリントサービスで、顧客のコスト削減や余分な在庫を持たないことによる環境負荷の軽減に貢献してきている。

また、製造過程でやむを得ず出てしまう印刷物の端材を活用したポスターケースやマスクケースなど、アップサイクル品の開発・販売にも力を入れている。

そしてこのたび、小ロットで古紙の再生を可能にした「PELP!」の提供価値のひとつである小ロットとの親和性、コンセプトの「捨てず、燃やさず、めぐる紙」のサステナブルな点に共感し、PELP!の導入を決定した。

同社では今後、社内で発生した廃棄用紙をPELP!で再生し、同社従業員が使う名刺や封筒をすべてPELP!用紙に切り替えていく。

 

さらに、同社内でのPELP!利用に続き、同社が提供する名刺および封筒プリントサービスでPELP!用紙をラインアップに加えることを予定している。

今年中にサービスの開始を目指しているこの取り組みにより、同社だけでは構築が困難だった顧客も巻き込んだオンデマンドプリントによる循環型サービスの構築も可能となる。

 

 

 

 

企業-関連の記事

PAGE TOP