2015年07月02日

大日本印刷(DNP)は、プロスポーツ選手やアイドルなどのコンテンツ画像のプリントサービスに必要な、データ保管からサイト構築、画像加工、プリント、配送まで各種機能をワンストップで提供する「DNP Imaging Mall(イメージング モール)」を8月に始める。

 

本サービスは、ネットで好きな画像を選択して、そのプリントを購入できるネットプリントと、実際の店舗で好きな画像を選んで、その場でプリントするオンサイトプリントの両サービスに対応したWebプラットフォーム。保有するコンテンツでビジネスの拡大を検討している企業に向けて、ワンストップのプリントソリューションを提供する。

 

プロスポーツ選手やアーティスト、アイドルなどの写真はファンに根強い人気があり、コンサートやイベント終了後に、ファンはその日の写真を、その場ですぐに購入したいというニーズがあった。
一方、こうしたコンテンツ画像を保有する企業は、その画像を利用したプリントサービスなど、コンテンツビジネスの拡大を検討している。しかし、プリントサービスに必要な機器の導入や、Webシステムの開発や運用、写真プリントから配送までの体制構築を自社で行う場合、多くのコストと時間がかかることや個人情報を安全に取り扱うためのセキュリティ性の確保など、多くの課題があった。

 

DNPグループは、2005年から「カンタン、速い、キレイ」をコンセプトにセルフ型プリントシステム「PrintRush(プリントラッシュ)」によるプリントサービスを開始したほか、証明写真ボックス「Ki-Re-i(キレイ)」やネットで簡単に注文できるフォトブック作成サービス「DreamPages(ドリームページ)」など、写真関連事業を展開している。今回、プリントサービスに必要な各種機能をワンストップで提供することで、高いセキュリティ性を持ちながら、開発・導入コストを低減できるWebプラットフォーム「DNP Imaging Mall」のサービスを始める。

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP