2015年07月01日

ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)の7月恒例企画「2015 ADC展」が7月2日から27日まで、東京・銀座のgggとG8で開かれる。

 

2014年5月から15年4月までの1年間に発表されたポスター、新聞・雑誌広告、エディトリアルデザイン、パッケージ、CI・マーク&ロゴ、ディスプレイ、テレビコマーシャルなど多様なジャンルからの約8500点の応募作品の中から、80人のADC会員によって厳正な審査が行われ、広告、グラフィック作品の最高峰ともいえるADC賞が選ばれた。

 

ADC(東京アートディレクターズクラブ)は、1952年の創立以来、日本の広告・デザインを牽引する活動を続けており、ADC賞は、その年の日本の広告・デザイン界の最も名誉あるものの一つとして注目を集めるもの。
同展は、この審査会で選出された受賞作品、優秀作品を、ggg[会員作品]、G8[一般作品]の2つの会場で紹介する。

 

[会員作品]会場 ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)(〒104-0061 中央区銀座7の7の2 DNP銀座ビル tel03・3571・5206) http://www.dnp.co.jp/gallery/ggg/
会期 2015年7月2日~27日 午前11時から午後7時(土曜日は6時)まで 日曜・祝日休館 入場無料
[一般作品]会場 クリエイションギャラリーG8(〒104-8001 中央区銀座8の4の17 リクルートGINZA8ビル1F tel03・6835・2260) http://rcc.recruit.co.jp/
会期 2015年7月2日~27日 午前11時から午後7時 日・祝日休館 入場無料

イベント-関連の記事

PAGE TOP