2015年07月01日

㈱モリサワ(森澤彰彦社長)は、本社所在地である大阪市浪速区役所と協働で、多言語対応電子配信ツール「MCCatalog+」を利用し、同区役所が発行する「浪速区観光ガイドブック」をスマートフォンやタブレット端末に向けて多言語配信を開始すると発表した。

 

この協働ではインバウンドをキーワードに、関西を訪れた外国人観光客や居住外国人に向けて、浪速区の魅力や観光スポット、イベントなどを「MCCatalog+」の特徴である多言語翻訳機能を活用し、最大5言語(日本語、英語、中国語簡体字、中国語繁体字、韓国語)で配信する。

 

「浪速区観光ガイドブック」は、モリサワがiOSやAndroid向けに無料で提供しているアプリ「Catalog Pocket(愛称:カタポケ)」上で、誰でも無料で閲覧することができる。カタポケは、世界14カ国のアプリストアでも公開されているので、閲覧した外国人が母国の家族や友人・知人へこのガイドブックをシェアすることができ、それによって浪速区の魅力が世界へ伝わることが期待される。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP