2021年06月07日

一般社団法人日本WPA(=日本水なし印刷協会:田畠久義会長)は6月17日午後3時から、脱炭素社会実現をテーマにしたオンライン講演会を開催する。

 

Gendatsu_改正地球温暖化対策推進法が成立し、2050年までのカーボンニュートラルの実現が明記された。

これにより国の政策の継続性が高まり、国民や自治体、事業者などはより確信を持って脱炭素社会の実現に向け、地球温暖化対策の取り組みを加速できることになった。

そのような状況を受けて同会では、気候変動問題を長きにわたって追究してきたジャーナリストを講師に迎えて、脱炭素社会の実現をテーマにした講演会を行う。

 

講師は、NHKで報道番組のディレクターとして「NHKスペシャル」のほか、平成18年からはプロデューサーとして気候変動をテーマにした多くのドキュメンタリーを制作してきている、NHKエンタープライズの堅達京子エグゼクティブ・プロデューサー。

講演は「本気でめざそう!脱炭素社会」を演題とした約40分間。

堅達氏自身が世界を、地球を取材した経験に基づいた内容で、気候変動が深刻になる中でそれぞれの企業や個人がいっそうの脱炭素に向けて意識を変え、行動を起こすきっかけとなるような具体的でわかりやすい講演で、質疑応答の時間も設けられている。

 

視聴は無料で、申込は6月15日まで https://www.waterless.jp/entry_seminar/ で受け付けている。

 

 

 

 

イベント 団体-関連の記事

PAGE TOP