2021年05月21日

㈱リコー(本社・東京都大田区、山下良則社長)は、商業印刷向けの枚葉高速インクジェットプリンティングシステム「RICOH Pro Z75」を令和4年秋から発売すると発表した。

 

「RICOH Pro Z75」は同社初となる、プロ印刷業向けの枚葉インクジェット印刷機。

同社ではこの「RICOH Pro Z75」によって、印刷会社のデジタル化への移行を加速させるとともに、印刷会社が新たな事業領域の拡大、環境負荷低減を実現する。

 

近年、商業印刷市場では印刷物の多品種小ロット化やダイレクトメールに代表されるパーソナライズされたアプリケーションの増加により、デジタル化のニーズが高まっている。

しかしながら、多くの印刷会社でオフセット印刷からのデジタル化が進んでいないことが課題となっている。

現在、デジタル印刷機の導入を検討している印刷会社から多く聞こえてくる要望は、さらなる高生産性、薄紙対応、両面印刷対応、低ランニングコスト、四六半裁サイズ対応、そしてスキルレスによる容易な人材確保に関するものとなっている。

そこで「RICOH Pro Z75」は、これらの要望に応え、印刷会社の課題解決を後押しするものとなっている。

 

RICOH Pro Z75

RICOH Pro Z75

「RICOH Pro Z75」は新開発の水性顔料インクと同社独自のプリントヘッドの組み合わせにより、オフセット印刷に迫る画像品質が可能としている。

水性顔料インクは同時に環境負荷リスクの低減にも貢献する。

生産性は片面最大毎時4500枚の高速出力で、1200×1200dpiの高解像度に加え、自動両面印刷機能も搭載しており、シンプルオペレーションによる高い生産性を実現。

対応用紙サイズは最大545×788㍉の四六半裁サイズまで対応し、オフセット印刷機と同等の多面付けが可能となる。

マニュアルやパンフレット、書籍など、さまざまな小ロット印刷物のデジタル印刷への移行を加速させ、業務の効率化に貢献する。

さらに、印刷会社が対応できるアプリケーションの拡大を実現するために、薄紙で発生するコックリング(ひじわ)を強力に低減させる新開発の乾燥システムを搭載している。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP