2021年04月28日

4月20日から23日まで開催されたvirtual.drupaでは、世界35ヶ国・212の出展社がオンラインショールームやライブ配信イベントで製品・イノベーションを紹介した。

出展社の製品・技術説明は125本にもおよび、1本あたりの平均参加者数は140人に達した。

 

virtual.drupa_Fact Ticker_FINAL視聴者は世界155ヶ国から4万5000ユニークユーザー、60万ページビューを数え、ドイツ国外からの参加割合は約82%となった。

メッセ・デュッセルドルフのE.ヴィーンカンプ常務は「virtual.drupaは新型コロナウイルス感染症が感染拡大している状況においても、業界内での情報交換やコミュニケーションの維持を可能にした。これに成功したことを数字が立証している。virtual.drupaのおかげで、出展社と興味を示す印刷業界人はネットワークを強固にできた」と総括している。

 

登録者は引き続きvirtual.drupaのサービスを利用可能で、動画や基調講演はVideo Libraryから視聴することができ、各出展社のオンラインショールームページと同様、今年末まで見ることができる。

 

なお、次回のdrupa2024は、2024年5月28日から6月7日まで、ドイツ・デュッセルドルフ見本市会場で開催される。

 

 

 

virtual.drupa2021 イベント 技術・製品-関連の記事

PAGE TOP