2021年04月01日

ラクスル㈱(本社・東京都品川区、松本恭攝社長)では4月1日から30日まで、「ラクスル史上最大!テレワーク推進キャンペーン」と銘打ったキャンペーンを実施する。

このキャンペーンでは、テレワークに適した商品を中心に、最大で59%OFFで提供し、企業のテレワークおよびデジタルトランスフォーメーションを推進・支援する。

 

d10550-133-994597-0新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止による外出自粛によって急速にテレワーク化が進む中、ハンコを押すためだけに出社する問題が社会問題として取り上げられているが、それと同様な問題として資料印刷や送付のためだけに出社する無駄も起きている。

そこで同社では、このような課題の解決策として10部・100部単位の小ロットで印刷して自宅に届ける提案や、急な印刷も最短翌日午前着で届ける仕組み作りに取り組んでいる。

また、これまでは大量注文することで1部あたりの単価を下げていた発注方法も、オンライン会議が主流となって大量製作した印刷物が余ってしまうということがあることから、小ロットで印刷して環境のためにも無駄な廃棄を減らす提案もしている。

 

今回のキャンペーンでの商品は次のとおり。

▽チラシ、▽中綴じ冊子、▽折りパンフレット、▽封筒(部分印刷)、▽シール、▽名刺、▽ポスティングチラシ、▽ポスティングはがきエリア便、▽新聞折込、▽DM(ダイレクトメール)

 

 

 

 

企業 技術・製品-関連の記事

PAGE TOP