2021年03月04日

リコージャパン㈱(本社・東京都港区、坂主智弘社長)が販売しているカラープロダクションプリンター「RICOH Pro C9210/C9200」で、V折りやZ折りのハガキをUVニスで圧着することが可能になった。

これにより、情報量が多く訴求力の高いダイレクトメールを、低コストでオンデマンド印刷することが可能になる。

 

新型コロナウイルス感染症の拡大により、営業活動において訪問活動が制限される中、販売促進手段のひとつとしてダイレクトメールの活用が拡大している。

とくに近年は、宛名や住所のほか、属性や嗜好にあわせて訴求したい情報を差し替えた1to1マーケティングが広がっているほか、見積もり依頼などをWebサイトで登録した人に対して速やかにダイレクトメールを送付するためにPOD機の活用が拡大している。

 

RICOH Pro C9210/C9200

RICOH Pro C9210/C9200

圧着ハガキを作成するための圧着方式には、UVニス圧着のほか、PPフィルム圧着やフチ糊圧着がある。これまでカラープロダクションプリンターで印刷してUVニス圧着ハガキ加工を行うと、印刷面が剥離しやすく圧着時の強度などに課題があった。

そこで今回、リコーのカラープロダクションプリンター「RICOH Pro C9210/C9200」に広瀬鉄工㈱製の小型UVニスコーター「SAC-18」や互応化学工業㈱製のUV圧着ニス「プラスサイズOP-5267」といった各社の汎用性の高い市販品を組み合わせることで、UVニス圧着を可能とした。

PPフィルム圧着と比べてコスト面で優位なほか、環境対応の一環で一部の自治体で求められているはがきとPPフィルムの分別廃棄の手間がかからないため、より手軽に圧着ハガキを活用できる。

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP