2021年03月02日

ラクスル㈱(本社・東京都品川区、松本恭攝社長)は3月2日から、ダイレクトメールのECサービスとして初の試みとなる「複数点封入DM」を開始する。

 

dm_fuksumai_pressこの「複数点封入DM」は、チラシや冊子など、複数の異なる印刷物を封筒に封入して、ダイレクトメール印刷および発送ができるサービス。

ダイレクトメール市場において複数点封入DMは、はがきDMと同規模で人気が高い商品となる。

しかしながら、複数の異なる印刷物を封入したDMは商品仕様が複雑で、組み合わせのパターンも多く、ECサイトでのサービス提供は難しかった。

 

そこで同社では、複雑な条件(商品仕様、部数、発送日、発送方法など)から最適な印刷提携先と発送提携先を選び出す独自のアルゴリズムを開発し、ECとして初めて複数の印刷物を組み合わせてDM(印刷+発送)ができる「複数点封入DM」を可能にした。

また、提携委託先と協議を重ね、複雑な注文内容でもすぐ生産に取り掛かれるように、自動の注文連携システムも開発。

その結果、作業開始までの時間を短縮することができ、通常は発送に1週間以上かかっていたものが、最短3営業日での発送と人手分のコスト削減を実現している。

 

複数点封入DMの主な特徴は次のとおり。

▽2~4点の封入物を同時に封入が可能=透明封筒や紙封筒に異なる仕様の印刷物(チラシ、冊子、折パンフレットなど)資料を複数点封入することができる。

▽3営業日から発送=営業が窓口対応することなく注文・印刷・発送までを行うので、最短でわずか3営業日での発送が可能。

▽人手分のコスト削減を実現=ECサービスとして提供されることで、注文時に必要とされていた営業対応がなくなり、人件費分のコスト削減を実現。

 

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP