2015年06月29日

今井会長

あいさつする今井会長

日本オフセット輪転印刷協議会(オフ輪協、今井敏義会長)は6月5日、富山県黒部市の宇奈月温泉延楽で「平成27年定時総会」を開催した。見学会、講習会などの機会を拡充していくとともに、10月23日の交流会行事において、創立35周年を記念する催しを開く。

 

オフ輪協では26年度の共通テーマに「革新への挑戦」を掲げ、印刷産業を取り巻く変化の潮流を考察し、企業経営の新たな切り口を模索、経済不況などからの脱却を目指した。7回を迎えた11月の会員交流会では「印刷産業を取り巻く変化の潮流」と題し、欧米の印刷産業動向、若者の印刷に対するイメージ、個人情報保護の法律改正について学んだ。新年会では「メジャーリーグに学ぶ必勝ビジネス成功術」の演題で、国際ビジネス&スポーツアナリストのタック川本氏がフロントで活躍していた経験も含めたメジャー流のビジネススタイルを聞く講演会も併催した。

 

今年度も革新への挑戦をメインテーマに据えながら、見学会、研修会、講演会などの機会を一層拡充させていく。また、今年度は協議会創立35周年の節目にあたることから、10月23日の交流会行事において、35周年を記念する行事を実施する。

 

 

PAGE TOP