2021年02月19日

富士ゼロックス㈱(本社・東京都港区、玉井光一社長)は2月18日から、プロダクションカラー市場向け「Versantシリーズ」のラインアップ強化を図るため、「Versant170i Press」を発売する。

 

「Versant170i Press」は、Versantシリーズの従来機「「Versant3100i Press」「Versant180i Press」と同様、高生産性、高画質を保つ自動処理技術、エアーサクション給紙トレイによる長尺や厚紙など幅広い用紙汎用性、そして多様なニーズに応える多彩な後加工オプションといった特徴を備えた、毎分70ページの新モデル。

用紙や後加工の対応力の高さを武器に、クリエイティブな発想にもハイレベルで応えるプロダクションプリンターとなる。

 

Versant170i Press

Versant170i Press

「Versant170i Press」の主な特徴は次のとおり。

▽最大毎分70ページ、長尺印刷でも毎分19ページの生産性を実現

▽98×148㍉~330×1200㍉(片面)の幅広い用紙サイズをサポート

▽用紙厚52~400㌘/平方㍍に対応する幅広い用紙汎用性

▽多彩な後加工をインラインで実現

▽2400dpiの出力解像度、プリンターの生産性をフルに引き出すGX Print Server2

▽画像補正作業を効率化するSIQAを搭載

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP