2021年02月19日

日本アグフア・ゲバルト㈱(本社・東京都品川区、岡本勝弘社長)は2月18日、「第36回アグフアユーザー会」をオンラインで開催した。

西川会長

西川会長

多くの参加者が視聴した今回のユーザー会は、①同社の肥田木淳司執行役員マーケティング本部長による「日本アグフア・ゲバルトの取り組み、新製品について」を演題としたセミナー、②高速美術印刷㈱(本社・宮城県仙台市若林区六丁の目西町1の41)の江馬康雄専務による「輪転印刷機での現像レスプレート“アズーラ”導入事例ときっかけについて」を演題としたセミナー、③「スブリマプラス印刷コンテスト2020-2021」表彰式、④富沢印刷㈱(本社・東京都荒川区南千住3の4の4)の岡本俊夫取締役営業部長による「高精細スクリーニング“スブリマ”を活用した営業戦略」を演題としたセミナー、⑤アグフア本社のフレデリック・デヒン副社長による「世界の印刷市場の現状とアグフアの戦略」を演題としたセミナー--の5部構成で行われた。

 

会の冒頭、あいさつに立った同会の西川誠一会長(㈱ニシカワ・社長)は、「新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって社会が大きく変容した。その変化によって我々が置かれる環境がいかなる形になろうとも、今できることややるべきことを前向きにしていくべき故、個々の企業にとっては大きな転換期となっている。印刷産業はコロナ禍の前から、さまざまな経営課題に直面していたが、それに加えてまた新しい課題が出てきて、経営者としてやるべきことはとても多い。このユーザー会を、課題に立ち向かっていくための学びの場として活用してもらえれば幸いに思う」と会の開催意義を表した。

 

岡本社長

岡本社長

また、同社の岡本社長は「我々が今年注力することとして、ユーザーが一歩でも先にビジネスを進められるようなサポートをしていく。今回、新製品を発表したが、それを通して業務効率アップ、コスト削減を図ってもらい、ビジネス拡大につなげてもらいたい。中期的な取り組みとして、新たな収益モデル構築の提案をユーザーにしていこうと考えている。欧米でもコロナ禍によるビジネスへの影響は深刻なものになっているが、その中でも生き残りをかけてさまざまな取り組みをしている印刷会社が多くなる。その中での成功した取り組み事例、ビジネスモデルを日本のユーザーに伝えていく。また、欧州ではすでにベータテストを開始している、プレートのCTPへの供給をロボットが完全自動で行うことで、長時間の無人運転ができるシステムの紹介などを通し、ニューノーマルに対応したプリプレス工程のあり方を確立したい」と、社会の変化に対応する同社のアプローチ法とユーザーに対する姿勢を述べた。

 

同社の肥田木執行役員による「日本アグフア・ゲバルトの取り組み、新製品について」を演題としたセミナーでは、速乾印刷で定評のある現像レスプレートの新製品として、高耐刷ガム処理プレート「アダマス」と検版性にすぐれた機上処理プレート「エクリプス」を紹介した。

今夏から販売を開始するUV印刷対応としても評価の高い2種類のプレートの特徴、これらのプレートを使用することでもたらされる効果についてわかりやすく解説した。

 

江馬専務

江馬専務

高速美術印刷の江馬専務による「輪転印刷機での現像レスプレート“アズーラ”導入事例ときっかけについて」を演題とした講演では、いち早く先端技術を採り入れて印刷現場の改善活動を続けてきた同社が、2019年に現像レスプレート「アズーラ」をオフ輪および枚葉印刷機の双方で導入することにしたきっかけ、経緯、効果などについて紹介した。

 

また、富沢印刷の岡本取締役による「高精細スクリーニング“スブリマ”を活用した営業戦略」を演題とした講演では、「スブリマ」を活用したことでクライアントから印刷品質を高く評価されている同社の、それをベースとした独自の営業戦略について紹介した。

 

 

会の中では、毎年恒例となっている印刷コンテスト「スブリマプラス印刷コンテスト2020-2021」の表彰式が行われた。

同社が提供しているAMスクリーニングとFMスクリーニングの技術を融合させたXMスクリーニング「スブリマ」は、誰にでも刷れる高精細スクリーニングとして市場から高い支持を受けている技術。

「スブリマプラス印刷コンテスト」は、この「スブリマ」を用いて印刷した印刷製品の技術、品質、印刷物の付加価値を競うコンテストとなる。

 

受賞社は次のとおり。

【写真集・冊子部門】

▽金賞=㈱小西印刷所

▽銀賞=㈱サンエムカラー㈱秋田活版印刷㈱

▽審査員特別賞=惠友印刷㈱㈱太洋社

▽社長賞=渡辺美術印刷㈱ダイコロ㈱昭栄印刷㈱㈱教文堂

▽新人賞=松影堂印刷㈱

 

【カタログ・ポスター部門】

▽金賞=大和出版印刷㈱

▽銀賞=凸版メディア㈱㈱平河工業社

▽審査員特別賞=大日印刷㈱㈱太陽社、富沢印刷㈱

▽社長賞=サンケイ総合印刷㈱㈱きど印刷所

 

【販促・PR部門】

▽金賞=富沢印刷㈱

▽銀賞=㈱大成美術プリンティング㈱トータルプルーフ

▽審査員特別賞=㈱新和製作所/㈱シンワ製版印刷、㈲アールコーポレーション

▽社長賞=㈱イセブあいち印刷㈱㈱ハローバッグ

 

【インクジェット部門】

▽金賞=佐川印刷㈱

▽銀賞=㈱アイ・エヌ・ジー グラフィックアーツ

▽審査員特別賞=㈱サインズドットコム㈱堀内カラー

 

 

 

 

イベント 団体 技術・製品-関連の記事

PAGE TOP