2021年02月17日

日本アグフア・ゲバルト㈱(本社・東京都品川区、岡本勝弘社長)は2月から、新しいハイエンドUVロールtoロールインクジェットプリンター「OBERON RTR3300」を販売開始する。

「OBERON RTR3300」は3.3㍍幅に対応するロール専用プリンターで、高生産性と高品質を同時に実現するとともに、ロール印刷を効率化する先進的な機能を搭載している。

 

OBERON RTR3300

OBERON RTR3300

「OBERON RTR3300」は、CMYK+ホワイトの5色もしくはCMYK+ライトシアン+ライトマゼンタの6色のヘッド構成で、最高解像度は1200dpi、最大毎時224平方㍍の生産を可能にするモデル。

デュアルロールオプションでは1.6㍍幅のロールを2本搭載することができる。

インクは「OBERON RTR3300」専用に開発されたものとなり、ターポリン、メッシュ、ファブリックなど、さまざまなメディア上ですぐれた印刷品質を実現する。

また、印刷物からの化学物質の放出を規制したグリーンガードのゴールド認証を取得しており、学校や医療機関など高い安全性が求められる環境でも安心して使用することができる。

 

同社の花摘孝明プロダクトマネージャーは、「開発にあたって、高い生産性を維持しつつ、印刷品質にも妥協を排している。加えて、低いインク消費量による運用コストの削減も可能としている。そのことによりユーザーの競争力向上に貢献できると確信している。この新しいエンジンはワイドフォーマットプリンターの製造・開発における我々の長年の知識と経験に基づいて開発された。アグフアならではのインテグレーションアプローチにより、プリンター、インク、印刷メディア、ソフト、カラーマネジメントを統合して最高の品質と信頼性を確かなものとしている」と述べている。

 

「OBERON RTR3300」のそのほかの特徴は次のとおり。

▽空冷のLEDユニットに加えて、水冷の印刷テーブルにより印刷基材の表面温度を室温と同レベルに抑えられる。そのため、熱の影響を受けやすい薄物メディアにも安心して印刷することができる。また、メッシュキットによりライナーがついていないメッシュメディアへの印刷も可能としている。

▽ジョブの連続生産を可能とするマルチキュー、臨機応変な印刷を可能とするフリーフォール、印刷しながら内照アプリケーションの印刷品質を確認できるライトボックス、印刷中にセイフティセンサーが反応しても印刷が復帰するスマートライトカーテンなど、便利かつ効率的にロール印刷を行うための機能を搭載している。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP