2021年02月16日

ホリゾン・ジャパン㈱(本社・東京都千代田区、宮﨑進社長)は4月から、デジタル印刷向け中綴じ製本システム「STITCHLINER6000Digital」の後継機として「iCE STITCHLINER MarkⅤ」を発売する。

 

iCE STITCHLINER MarkV

iCE STITCHLINER MarkV

「iCE STITCHLINER MarkⅤ」は、新方式の折り加工によってシャープな折り目を実現しつつ、毎回厚みの異なるバリアブル製本も可能とした中綴じシステム。

ロール紙の巻き出しスピードを落とさずに最高毎時6000冊の処理速度で、A6~A4E綴じ仕上げの中綴じに対応する。

 

オプションの大容量カバーフィーダー「CF-50」と接続することで、別刷りの表紙やページ挿入にも対応する。

左右の厚さに差をつけた片袖折りの用紙もスムーズに給紙可能。

また、自動で給紙棚の切り替えを行うので用紙供給時も製本を続けることができる。

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP