2021年02月16日

ホリゾン・ジャパン㈱(本社・東京都千代田区、宮﨑進社長)は4月から、ロータリーダイカットシステム「RD-4055」シリーズの後継機となる「RD-N4055/RD-N4055DM」と、オプション製品のセパレーター「SPC-N4055」、カードスタ ッカー「CSD-40RD」を発売する。

 

RD-N4055/RD-N4055DM

RD-N4055/RD-N4055DM

「RD-N4055/RD-N4055DM」はB3ワイド対応(最大幅400×長さ550㍉)のロータリーダイカットシステム。

カードやパッケージなどの全抜き加工、半抜き加工、筋押し加工、ミシン加工を可能としている。

 

ダイカット後の製品と捨て枠部分を分離する「SPC-N4055」は、抜き加工後の製品枚数の指定や設定枚数に対する過不足枚数をタッチパネルへ表示することが可能。

 

カードスタッカー「CSD-40RD」は、名刺やカードの序列を保ったまま集積可能な排出モジュール。

集積した束単位ごとに排出することで紙揃えと区分けの手間を大幅に削減する。

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP