2021年02月10日

レンゴー㈱(本社・大阪府大阪市北区、川本洋祐社長)は、㈱金羊社(本社・東京都大田区、浅野健社長)の発行済株式の50%を取得して金羊社を子会社化することを、このほど開催した取締役会で決議した。

また、レンゴーの100%子会社である朋和産業㈱(本社・千葉県船橋市、小澤善孝社長)も金羊社の株式の20%を取得し、レンゴーと朋和産業の両社での出資比率は70%となる。

金羊社の株式取得は3月中に完了する予定で、独占禁止法関連の手続きが完了することを実行の条件としている。

 

金羊社は、オフセット印刷、デジタル印刷によるメディアパッケージ製品などの印刷・製造拠点を国内に有し、音楽CD・映像DVD・ゲームソフトなどエンターテインメント関連のパッケージ分野における国内のリーディングカンパニー。

また、環境にやさしい水性フレキソ印刷による食品包装、飲料ラベルなど軟包装製品の製造・販売などを行っている。

 

レンゴーは金羊社を子会社化することにより、レンゴーグループがこれまで本格的には手掛けていなかったメディアパッケージ分野における事業展開を推進するとともに、金羊社とレンゴーグループ会社との連携を強化し、軟包装事業ならびにSP事業のいっそうの拡充を図ることを狙っている。

 

なお、レンゴーグループによる株式取得後も、金羊社の社名、事業内容などに関する変更の予定はない。

 

 

企業-関連の記事

PAGE TOP