2021年02月01日

ハイデルベルグ・ジャパン㈱は今回のpage2021オンラインで、「Unfold your potential(解き放て、ポテンシャル)」というスローガンの下、商業・出版印刷、パッケージ・ラベル印刷におけるさまざまな課題を解決し、ユーザー自身のポテンシャルを最大限に解き放つためのソリューションを紹介する。

 

HD_Icon_Prinect_4c_RGB_144dpi今回の出展では、▽昨年のリアル展示会で多くの参観者から関心が寄せられたソフトウェアのサブスクリプション「プリネクトプロダクションマネージャー」、▽印刷機の生産性やサービスの状況の確認、印刷資材のオンラインショッピングなど、すべての情報をユーザーのスマートフォンやタブレットでアクセスできるハイデルベルグの無料ポータルサービス「ハイデルベルグアシスタント」--を紹介する。

 

プリネクトプロダクションマネージャーは、2018年7月に従来のライセンス方式からサブスクリプション形式に切り替わった。

実際に生産したボリュームに基づいた金額を支払い、ユーザーはつねに最新の状態にアップデートされたソフトウェアを使用することができる。

プリネクトはスマートプリントショップになるための理想的なワークフローで、印刷会社におけるPush to Stopが現実になる。

 

【Prinect(プリネクト)】

昨年のpage2020では、従来のライセンス方式からサブスクリプションに切り替わったプリネクトプロダクションマネージャーを、「Push to Stop2020~End to End&Interactive」というテーマの下、双方向で情報を有効活用し、受注から発送までを統合的に管理するソリューションとして、パッケージ印刷や商業印刷などの分野で業界をリードする印刷会社の導入事例をあわせて紹介した。

今回は、プリネクトプロダクションマネージャーの各機能に焦点をあて、「顧客、生産管理、機械、生産分析と繋がっているスマートプリントショップ」をテーマとした動画を紹介する。

 

【Heidelberg Assistant(ハイデルベルグアシスタント)】

コロナ禍においては印刷業界のみならず、世界中の多くの企業が厳しい環境に直面している。

その中で、働き方改革に直結し、また成長を続ける企業のキーとなるのは、「デジタルトランスフォーメーション(DX)」となる。

ハイデルベルグアシスタントは無料で利用できるIoTツールで、インターネットと繋がった機械やソフトウェアから膨大な情報を収集し、生産分析や予知保全に役立てることができるだけでなく、ハイデルベルグeShopからオンラインで印刷資材を購入したり、デジタル化された納品書や請求書を簡単にダウンロードすることで手間のかかる作業を削減することができる。

ハイデルベルグアシスタントはユーザーのビジネスモデルや働き方を変えるための最適な答えとなる。

 

 

 

イベント 技術・製品-関連の記事

PAGE TOP