2021年01月22日

㈱ミヤコシ(本社・千葉県習志野市、宮腰亨社長)は1月から、シール・ラベル市場向け間欠オフセット印刷機「MLPシリーズ」の新製品として、ミドルレンジモデルの「MLP13M」とウルトラコンパクトモデルの「MLP10i」の2モデルを開発し、販売を開始した。

 

img_244112_2

MLP13M

シール・ラベル市場ではエンドユーザーから要求される品質レベルが年々高まっており、高い見当精度、正確な色合わせが可能で、なおかつ高生産性を持つ印刷機を求められている。

その中で同社はシール・ラベル市場向けに、従来機でハイエンドモデルの「MLP13C」を提供し、好評を得てきた。

しかしながら、設置スペースの問題などから「MLP13C」の導入を見送るケースもあったことから、その高い印刷品質は維持しつつ省スペースで設置可能なウルトラコンパクト機「MLP10i」を開発した。

そして、そのウルトラコンパクト機「MLP10i」とハイエンド機「MLP13C」の中間のレンジのニーズにも応えるべく、「MLP13C」の高い性能を継承しつつ、全長と価格を抑えたミドルレンジモデル「MLP13M」も開発した。

 

img_244112_3

MLP10i

各モデルとも、給紙+オフセット印刷5色+フレキソ+ダイロール+カス上げ+巻取が標準構成。

「MLP13M」の主なスペックは、機械長7750㍉、最大印刷幅330㍉、印刷速度は毎分200ショット、天地送り50~254㍉。

「MLP10i」の主なスペックは、機械長6000㍉以内、最大印刷幅254㍉、印刷速度は毎分120ショット、天地送り50~200㍉。

 

 

 

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP