2021年01月21日

㈱ミマキエンジニアリング(本社・長野県東御市、池田和明社長)は2月から、テキスタイル・アパレル用途に向けて、昇華転写用インクジェットプリンター「TS100-1600」を販売開始する。

 

近年、テキスタイル・アパレル市場では顧客ニーズの多様化にともない、大量生産品の在庫販売から、小ロット・多品種の商品を短納期で生産して在庫も縮小できるオンデマンドプリントへの需要が高まっている。

デジタル印刷は小ロット多品種の商品をその都度生産できるため、企画から商品が店頭に並ぶまでの時間を短縮でき、かつ在庫を縮小できる効率的な生産方式として注目されている。

その一方、プリンター購入をはじめとする初期導入コストがネックとなり、デジタル化を躊躇するケースも見られる。

そこで同社では、これらのニーズに対応する高性能で安価なエントリーモデルとして「TS100-1600」を開発した。

 

TS100-1600

TS100-1600

この「TS100-1600」は、操作性能・画質・速度・コストバランスにすぐれたエントリーモデル「100Series」のラインアップに新たに加わった昇華転写用インクジェットプリンター。

印刷幅はテキスタイル・アパレル分野で使用頻度の高い1600㍉に対応。

また印刷速度は最速モードで毎時70平方㍍と、低価格のエントリーモデルでありながらテキスタイル向け従来機比の約2倍という高速印刷によって高い生産性を実現している。

加えて、同社製の昇華転写モデルとして初めて1㍑のボトルインクを採用したことで、同社従来機と比較してランニングコストが約半分になるほか、インクの交換頻度が減ることで安定した長時間稼働を可能としている。

 

「TS100-1600」の主な特徴は次のとおり。

▽サンプル製作から大ロット生産までを1台で対応。製版を必要としないデジタル印刷なので1枚からのオーダーにも対応でき、小ロットでの低コスト化が可能になる。

▽毎時70平方㍍の最速モードから、毎時46平方㍍の実用画質モード、毎時19平方㍍の高品質モードまで、仕事に合わせた幅広いプリントモードを用意。また、最速モードでは従来機比約2倍の生産性を実現している。

▽従来は目視と手作業で行っていた作図調整(ドット位置補正、フィード補正)を自動化。調整にかかるオペレーターの手間と時間を削減し、調整のばらつきを防止する。また、パスの境界は直線になるため少しのズレにより、横シマが出るバンディングや色ムラの原因になるが、「MAPS4(Mimaki Advanced Pass System4)」を採用したことでパスの端を拡散させ、境界線をグラデーションのようにすることでバンディングや色ムラの発生を軽減して美しい印刷を実現している。

▽NCU(Nozzle Check Unit)でノズルの状態を自動で検知し、ノズル抜けを発見した場合は自動でクリーニングを行う。クリーニングでも解消されない場合は自動で不良ノズルをほかのノズルで代替するので、修理を待つことなく作業を継続できる。

▽導入時に「TxLink4 Lite」と「RasterLink7」の2つのソフトのどちらを標準添付するか選択が可能。プロ仕様のテキスタイルRIPソフト「TxLink4 Lite」は、生産効率を上げる並列RIP機能、ロードバランシング機能、バリアブルプリント機能などに対応。また、マルチカラープロファイル機能でプロファイルを独自に作成でき、より鮮やかで美しい仕上がりを実現。プロファイルはウィザードに従って、印刷と測色を行うだけで自動作成できる。
印刷の美しさと操作性を支える「RasterLink7」は使いやすさと高機能を両立させたRIPソフトで、RIP処理速度・ユーザビリティ・生産性が向上し、差込印刷(バリアブル印刷)にも対応する。

 

--------------------

 

同社では2月3日の午前10時から、「TS100-1600」オンライン新製品発表会を開催する。

この発表会では、デモンストレーションやパネルディスカッションを交えながら「TS100-1600」の概要や特徴を紹介する。

また、特別講演 ㈱イメージ・マジックの山川誠社長を講師に招き、オンデマンドプリント・ECサイトの市場動向や今後の展望を示す特別講演も行われる。

その視聴申込は、 https://bit.ly/3imBqHr から。

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP