2021年01月20日

ローランド ディー.ジー.㈱(本社・静岡県浜松市、田部耕平社長)は、UV-LEDプリンター「VersaUV LEC2シリーズ」の新製品「LEC2-640(最大用紙幅1625㍉対応)」と「LEC2-330(同762㍉対応)」の2機種を発表し、3月22日から発売を開始する。

 

LEC2シリーズは、UV硬化インクによるユニークな特殊印刷と、印刷した絵柄の輪郭カットが1台で行えるオンデマンドプリンター。

付加価値の高い表現力、印刷できるメディアの種類の豊富さ、初めての人でも使いやすい操作性により、シール・ラベルやステッカー、オリジナルグッズ、デザイン試作などの幅広い用途で活用されている。

 

LEC2-640とLEC2-330

LEC2-640とLEC2-330

今回発表した新製品は、新しい専用インク、最新のプリントヘッドやLEDランプなどの採用により、表現力の大幅な向上を実現するとともに、製品ラインナップとオプション品を拡充することでユーザーのビジネスの可能性を大きく広げるシリーズ最新モデル。

使用するインクにはCMYKに加え、クリア(透明)、白、プライマーを取り揃えた新開発の「EUV5インク」を採用。

色域の広がったEUV5インクは色鮮やかなフルカラー印刷はもちろん、新インクのポテンシャルを最大化する印刷設定「True Rich Color」と組み合わせて出力することで、見る人の目を引く絵柄を描き出す。

またクリアインクは、光沢や艶消しなどの仕上げ効果や重ね打ちによる立体的な質感をリアルに表現。

透明フィルムや色の濃い用紙への印刷時に下地として使用することが多い白インクも、高い濃度と隠蔽性を実現している。

さらに、プライマーインクを使うと、今まで印刷が難しかったメディアにも印刷することが可能になる。

 

また、LEC2シリーズに搭載している最新のプリントヘッドとLEDランプは、今まで以上に美しく、高濃度な印刷を実現する。

プリントヘッドはインクの吐出を最適にコントロールし、パワフルなLEDランプは吐出したインクを短時間で硬化・定着させるので、小さな文字や緻密なテクスチャ、グラデーションなども細部まで高精細に再現する。

 

さらに、64インチ対応モデル「LEC2-640」を新たにラインナップしたことで、大型の広告・看板製作やインテリアデコレーションなどの内装用途にも対応。

そして、パッケージ用途でも使えるように、「LEC2-330」用のオプションとして厚さ30μ㍍の軟包装フィルムを搬送できる「TB-30」と、紙器パッケージ用の本紙を搬送できる「ET-30」も用意。

食品、飲料、化粧品、薬品など、さまざまなパッケージ製作におけるデザイン校正やプロトタイプ製作、色校正などの用途にも活用できる。

 

同社DP事業部の繁野谷隆文副事業部長は「印刷ビジネスに関わるユーザーが高い競争力を維持していくためには、市場のトレンドやクライアントのニーズを機敏に捉えた、新たなアプリケーション提案による新ビジネスを柔軟に展開していくことが重要となる。多彩な対応力を持った“LEC2シリーズ”は、ユーザーのアイデアのスピーディーな実現を強力にバックアップするソリューションになる。これからも我々は、ユーザーにさらなる創造性をもたらす製品やサービスを提供していくことで、印刷ビジネスの発展に貢献していく」と述べている。

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP