2021年01月19日

富士ゼロックス㈱(本社・東京都港区、玉井光一社長)は、印刷会社向けに同社が保有するグリーン電力証書を活用する取り組みを開始した。

greenpowerマーク

Green Powerマーク

この取り組みは、対象のプロダクションプリンター(Iridesse Production Press、Versant3100i Press)を新たに導入してこの証書の活用を要望すると、機器導入後2年間、出力する印刷物に「Green Power」マークを印字して環境負荷低減への配慮を示すことができるものとなる。

 

グリーン電力証書は、風力や太陽光など再生可能エネルギーによるグリーン電力をCO2排出抑制といった「環境付加価値」を持った電力として位置付け、第三者認証を得て「グリーン電力証書」という形で取引する仕組み。

「グリーン電力証書」を購入・使用することで、グリーン電力を使用しているとみなされる。

 

同社ではこの取り組みを通じて、印刷物の発注者である企業や自治体に対する提案の幅を拡げ、環境負荷低減に取り組む印刷会社を支援していく。

 

 

 

 

企業-関連の記事

PAGE TOP