2021年01月07日

㈱日本HP(本社・東京都江東区、岡隆史社長)は、㈱竹尾(本社・東京都千代田区、竹尾稠社長)の高級印刷用特殊紙「ヴァンヌーボLT-FS」をHP Indigoデジタル印刷用用紙として認証した。

 

HP Indigo7900デジタル印刷機でヴァンヌーボLT-FSに印刷した参考画像

HP Indigo7900デジタル印刷機でヴァンヌーボLT-FSに印刷した参考画像

「ヴァンヌーボLT-FS」は、HP Indigoデジタル印刷向けに必要な機能を備え、ヴァンヌーボならではのラフ感とオフセット印刷に近いグロス感を高いレベルで実現。

デジタル印刷でも創造的で高度な要望に応えることができ、高品質な写真集やフォトアプリケーション、高付加価値な商業印刷にも適した素材となっている。

この「ヴァンヌーボLT-FS」を使うことで、従来の「ヴァンヌーボ」シリーズ用紙をHP Indigoデジタル印刷機で印刷する際に必要だった、紙にコーティングをする前工程を削減できる。

 

竹尾の平戸順一取締役は「当社にとってヴァンヌーボシリーズは主力ブランドのひとつで、ラフな風合いと高い印刷適性という相反する性質を両立させた紙として、日本市場で“ラフ・グロス”という新しい用紙ジャンルを築いた。その次世代製品としてデジタル印刷への対応を考え、新製品としてオフセット印刷とデジタル印刷においてシームレスに使用することが可能なものが“ヴァンヌーボLT-FS”となる。“ヴァンヌーボ”はフランス語で新しい風を意味しており、デジタル印刷においても新しい風を起こせたらと考えている」と述べている。

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP