2015年06月27日

松石社長

松石社長

日本アグフア・ゲバルト㈱(本社・東京都品川区)の松石浩行社長が当社とのインタビューにおいて、当面CTPプレートの値上げは行わないという考えを示した。

 

松石社長はインタビューの中で、「電気料金、運送料金、印刷用紙やインキの価格が相次いで上昇しているが、これら公共料金・原材料価格の高騰は、最終製品である印刷物への価格転嫁が困難な印刷業界にとって深刻な問題となる。このような状況下で、原材料調達費アップと製造コスト上昇を理由にCTPプレートまでもが値上げをすると、小ロット化が進んでいてプレートの使用量が増加していることもあいまって、印刷会社の負担は増すばかりである。昨今の印刷会社の経営の厳しさを鑑み、当社内でのコスト削減努力をよりいっそう追求しながら販売数量を伸ばすことで、当分の間、当社製CTPプレートの値上げはしないことを決定した。このことにより印刷産業を下支えし、一緒に成長していければ幸いだ」と、その考えを表した。

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP